ブルーグリーンアルジーの健康に役立つ成分

 

ブルーグリーンアルジーは国内ではあまりなじみがないものですが、外国ではスーパーフードと称され、人気があります。
詳しく解説しますと、米国オレゴン州のアッパー・クラマス湖だけに生息する藍藻類のひとつで、光合成能力が大変強いという特徴を持っているため、中にはたくさんの栄養素が詰め込まれています。
人間の体内に必要な栄養素の多くを含んでおり、その成分数は89種類にも及びます。
50種のミネラルを始め、13種のビタミンや20種の必須アミノ酸、4種の脂肪酸、2種の色素など、人体に必要なものがバランスよく配合されているので、サプリメントで定期的に摂取すれば、健康な状態を長く保つことが出来ます。
ブルーグリーンアルジーは細胞膜が非常に薄いことから、人間の体内で消化吸収されやすい構造になっているので、効率的に体内に栄養を取り込めます。
ブルーグリーンアルジーを摂取すれば、免疫細胞を活性化したり、促進する効果があるだけでなく、最近は、ADHDの改善作用があることがわかってきました。
若々しさを維持したり、健康に役立つサプリをお探しの方には最適なので、近隣のお店で見つからないときは、インターネット通販で購入するようにしましょう。